LIVE812 ライバーで稼ぐ方法

LIVE812 ライバーで稼ぐ方法

LIVE812 登録はコチラ

5/13日から、登録できるようになっております

下記から、登録できます!!

『LIVE812』

 

ライバーで稼ぐ方法

ライバーっていかにして金を稼いでるのか?

ユーチューバーと何が違うの?などの疑問を抱く人もいるかと思います。

今回はライバーするなら覚えておきたい最低限の知識やライブ配信でライバーは何をして稼ぐのかをご紹介いたします。

 

ライブ配信とは?ライブ配信について

YouTubeなどの動画みたいにデータを保存して編集しないとしましても、パーソナルコンピューターやスマートフォンのカメラで映した「いまその時で起こってる瞬間」をみんなへ伝えることが出来るもののことをいいます。

つまり!生放送(リアルタイム)配信ということです

ライバーは動画編集する必要がなくなったので、動画配信未熟者でも手軽に動画で世間的に発信出来るのが良い所です。

↑ここがポイント!!編集の知識やツールが必要ないですから、PC苦手な方でも、スマホひとつで参加できちゃいます!

ライブ配信を見ている人からの反応が即座にでます。

ライバーは即時性と双方向性があるコミュニケーションの新たなカタチが生まれます。子どもから大人まですべての人たちの間で人気になってきています。ライブ配信は、スマホ一つでいろんな人達との出会いや体験を交えて、自分ならではの″世界”を作っていく今までにない「新たな仕事」としても注目されます。他のサービスでもいろいろと、ライブツールを見たり、聞いたりしたことがあると思います。ライブの時代!!ですね。

 

ライバーとは?

ライバーとは、リアルタイムで動画を配信する人のことを意味します。

ライブ動画配信者ってことですね。

YouTubeで動画配信してる人を「ユーチューバー」17ライブで配信したりする人を「17ライバー」と呼ぶような感じだと捉えていただけると分かってもらいやすいでしょう

 

ライバーとユーチューバーの配信方法の違いとは?

ライバーとユーチューバーは動画配信者という点については同じだから、何が違うか知らないという方も多いのですないか?ライバーとユーチューバーとの大きく異なる点は、あらかじめ撮っておいた動画か生放送かの違いです。

【ユーチューバー】あらかじめ撮っておいた動画を編集し、編集した動画をYouTubeにアップロードするだけで動画配信活動をしているのです。

【ライバー】リアルタイム(生放送)動画配信という特徴があるので、編集した動画をアップロードすることの方ができない。無編集のありのまま動画配信者を視聴出来るため、YouTubeと違いまして別の価値を生み出したりする配信方法です。

ユーチューバーとライバーを兼ねて実践したりする人は、日頃の動画配信をYouTubeメインで、月に何度かをライブ配信するだけで、視聴者に対してサービスをする形を取っていることも多いですね。

ユーチューブにもライブ動画ってのがありますよね。ユーチューブもライバー化を狙っているのでしょう

 

ライバーとユーチューバーの稼ぎ方の違いとは?

【ユーチューバー】稼ぎ方は基礎的にはグーグルアドセンスと呼みやぶられてる広告収入がメインになるのでしょう。
ですから、ユーチューバーは動画配信のジャンルと再生回数によっては収益が変化します!

【ライバー】稼ぎ方は基本的にはライブ配信中に視聴者からのギフト(投げ銭)という形で収益を獲得しているのです。

ライバーは視聴者数と視聴者からのギフト(投げ銭)の金額によって収益が変わっていきます。

さらに、「ライブコマース」という機能が付いた配信アプリでは、ライブ動画を見ながら商品を購入出来るみたいな通販の形で収益を獲得するだけはできる。ライバーの稼ぎ方はギフト以外にもあります。収益スタイルが複数あるのが強みですね。フリマアプリとかでも、ライブ販売ってありますよね。あれをイメージすると、わかりやすいかと思います。

 

なんで「ギフト」というのか?投げ銭

すべてのライブ配信アプリでは投げ銭のことを「ギフト」と別の言い方に変えている場合が多くなったのでは。そこには、法律があるんですね。

なんで投げ銭じゃなく「ギフト」と呼ばれているんだろう?って思う人もいるはずです

「総理大臣の許可を得てない業者が資金移動」すると違法となって、投げ銭という行為は資金移動に当てはまるため、ライブ動画配信アプリのまったくは「ギフト」といいました形を取っていますのです。(呼称の問題だけの気もするんですが、、)

視聴者が「ギフト」といいますのを一度購入し、買ったものをライバーへプレゼントするだけで資金移動ではなく、プレゼントになり、違法ではなくなるんです。(へー、なるほど!!って感じ)

ライブ配信アプリをはじめとして利用する人は、投げ銭は別の言い方「ギフト」に変更されてることを知っていれば理解できると思います。

 

ライバーとして稼ぐ仕掛けって?

空いてる時間に副業として思ってる方も、稼ぐ仕掛けを理解しておきましょう。

未熟者さんから上級者さんへとステップ式に紹介

  1. 視聴者からギフト(投げ銭)を貰って稼ぐ。
  2. ライブコマースで販売して稼ぐ。
  3. 少し有名になると、企業案件を受けまして稼ぐ。
  4. だいぶ有名になると、テレビ番組などの依頼を受けて稼ぐ。

 

1.視聴者からギフト(投げ銭)を貰って稼ぐライバーの主な収益源は視聴者からのギフト(投げ銭)です。

投げ銭機能は中国や台湾では日常的に行われる行為なんですけど、日本だと分からない方のほうが多いのですないか?皆さんは、路上でパフォーマンスをしてる方に現金を入れてあげることってあげられますか?ライブ配信の投げ銭は、それをネット上であげちゃっているとビジョンしてましただけるとわかりやすいかと思います。

視聴者がライバーの提供するもの(歌やダンス、トーク、ハンドメイドなど)に対し、「すごくよ!」「けっぱって」「応援したりする」という気持ちを込めて投げ銭をしてもらうことで、ライバーは収益を得ています。

そのため、独りよがりのライブ配信だと視聴者が増えないでしましたり、投げ銭をしてもらえなかったりするので、ちゃんと視聴者のニーズには答えていけるように頑張っていくことが大事ですね。

 

 

2.ライブコマースで販売して稼ぐ日本では、聴いたことはないという人がまったくですけど、中国圏では注目がある機能です。

ライブコマースとは、EC(ネットを用いた小売ビジネスの総称)とライブ動画を組合わせた新たな販売手法です。

この機能が付いてるライブ配信アプリであれば、ぼくの作品やハンドメイド作品を画像や文字では伝えきれない商品に関係するすべての情報を視聴者に伝えることができます。

さらに、リアルタイムなコミュニケーションを交えて視聴者からの疑問に対応できたり、提案型の販売をするだけは可能です。

現在「eコマース」が付いていてギフト機能もつきましてるライブ配信アプリは、

・Rakuten
・LIVE 17
・ライブ LIVE812

3社ありますが、2020年5月リリースする「LIVE812」がオススメです。

3. 企業案件を受けて稼ぐライバーを始める方は、大体SNS(ツイッター・フェイスブック・instagram)を使って自分のマニア・ファンを増やしていくこととします。

SNSでのフォロワーが増え、インフルエンサーまでに成長するならば、SNS経由で企業案件を受けられることもあるのです。

しかしていながら、企業案件ばかり受けられてるとファンから避けられるリスクもあるためほどほどにしておく必要ですね。SNSファンを大事に!!

 

4.テレビ番組などの依頼を受けて稼ぐ。有名になってきますとテレビ出演依頼が来るようになる場合があります。

たとえると、2019年1月18日放送されました朝の情報番組「シャキット!」では、17Liveでトップライバーの方たちが出演しているのです。

そーなんです!テレビで、ライバーが紹介され始めているのです。

テレビ番組やCMへ露出していくことでライバーという職業を世間的にご存知もらい、ライバーというならばこの人と言い伝えられるようになれば、自身のブランディングにも役立てることができるかもしれません。

「ライバーと言ってみれば○○さんだよね!」と言い伝えられるように頑張るのもありですね。

 

最後に

これからライバーを始めたい人やライバーに興味がある人は、ライバーという職業についてざっくり理解できたと思います。これからの展開に期待していきましょう。また、ライバー是非やってみましょう!

 

動画を配信することが、手軽に、かんたんに、できるような時代です。多くの人は、動画を見る側・ライブを視聴する側の方でしょう。ユーチューバーや、インスタグラマーといった、ツールを活用し情報を発信することで、「お金を稼ぐ」ことにつながります。その一つとして、ライバーというジャンルが注目されていくと感じています。

 

CSMでも、ここの将来性に注目しています^^。また、いろいろな情報を提供していきます。

 

 

LIVE812 登録はコチラ

下記から、登録できます!!

『LIVE812』

https://app.adjust.com/5omny19?campaign=koreikaga_BL